7月16日〜7月31日

読んだ本とか、買った音源とか。友達が4本もゲームを貸してくれて有り難い。少しずつやる。
夏アニソンのリリースが始まったぜーーーーーいぇーーーーい!!

 

田中慎弥の掌劇場

田中慎弥の掌劇場

 

「歩け。」「どのくらいの距離なんだ?」「距離じゃない。時間で計る」
「どのくらいかかる?」「お前の、意志の分だけ。」

頽廃とも茫洋とも、まして生命力などとはいっさい無縁の、私をひと呑みにしてくれる波をいつでも供給してくれる、私の願望のための、私専用の海!

舌。ああ、舌!パンや米よりもずっとずっと、噛み砕いて飲み込んでしまうのにふさわしい、この愛すべき、恐怖の小さな肉!病巣のつもりで切り落した途端に命を奪う、油断のならない、知的な肉!

 

ノイズ(閻魔あいver.)

ノイズ(閻魔あいver.)

“さよなら” は 引き止めてって “大丈夫” は だいじょばなくて “もういい” は 全然良くなくて
そのままの私じゃダメなら “いっぺん、死んでみる?”

ノイズ

ノイズ

ヘタクソな生き方でしか生きられない私達は きっと一人では出来ない事も
二人でなら出来る様な そんな存在になりたかったな 言えない言えないもう言えない

 

MYSTERIUM

MYSTERIUM

果てない願望はどこへ 君を閉じ込めるのか 眩しい夢も 暗い夢も 熱量だけは似てるよ

 

RULER GAME

RULER GAME

  • Fo'xTails
  • アニメ
  • ¥250

消せない欲望が 苦しんで踠いて 巻き戻せと願う 
誰も繰り返せないんだ  道は前にしかない、迷いなんて捨て去れ

 

Colors of Happiness

Colors of Happiness

過ちに抗って そして手に入れた優しさは 何よりも美しく 悲しみの影を纏っていた

  

ヒカリ断ツ雨

ヒカリ断ツ雨

  • 斉藤 壮馬
  • アニメ
  • ¥250

 悔やみ切れない過去のように 乾かない雨 この腕を叩くから 何も握れない

 

Forevermore

Forevermore

愛してる、愛してる
一人きりが似合う私を 今日も会えず泣かせるのはあなただけよ

 

きことわ

きことわ

生きることはとどまりようがないから心音はあたらしい脈拍を打ちつづけ、余韻を残さない。
 

奇想天外発明百科: ややっ、ひらめいた! (児童書)

奇想天外発明百科: ややっ、ひらめいた! (児童書)

 

チェスをする人形 (1769年)   ハンガリーの哲学者・技術者ケンペレン
 …小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」の元ネタか
無線送電システム (1905年) セルビア出身のニコラ・テスラ
 …志倉千代丸オカルティック・ナイン」にも登場

 

ねこの京都

ねこの京都

 

茅葺きの里、美山に暮らすおじいちゃんとオスネコの義経
訪ねるたびに、ヒトとネコはどこまで深く結ばれるのだろうと考えます。

おじいちゃんと義経、ふたりのやりとりは種を越えていました。
京都では、ネコを通してヒトを、ヒトを通してネコを撮っていたように思います。

 

白と黒のアリス

白と黒のアリス

 
DIABOLIK LOVERS LOST EDEN - PS Vita

DIABOLIK LOVERS LOST EDEN - PS Vita

 
花朧 ~戦国伝乱奇~ - PS Vita

花朧 ~戦国伝乱奇~ - PS Vita

 

 

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語

 

 「人から見られるのが嫌なら、俺が着ぐるみを着て君の隣を歩いてやる」

 

一行怪談 (PHP文芸文庫)

一行怪談 (PHP文芸文庫)

 

 

フリーゲーム / space debris「Black ink crow」

f:id:yugurekou:20170725234105j:image

我々は貴方を閉じ込めていませんよ?貴方がここに留まる事を選択しているんです。
でも、鳥籠からでたところで、鳥は生きていけますか?
だって貴方、他人からの指示がないと何もできないんでしょう?

 

君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん

 

「騙されておるのじゃ。こんなゴミのお湯を有り難がるとは情けない」
なんて口の悪い脳だろう。
ハーブティーも生ハムメロンもこんなにおいしい(筈な)のに。 

油で料理した茄子って肉より肉だ

そのとき、食堂車の秘密が少しだけわかった気がした。それは時間の可視化だ。
嗚呼、夜が流れてゆく。明るく、暖かく、幸福なのは、「今ここ」だけだ。
 

Ⅰ  歴史は食卓で作られる Ⅱ  王侯姫君たちのメニューから Ⅲ  グルメ事始めの物語 
Ⅳ  食卓のにぎわい、銘酒ここにあり Ⅴ  優雅なひととき、ティータイムへの誘い
Ⅵ  食通ごのみ、テーブルの逸品 Ⅶ  きわめつけ泰西カフェ案内 

嘘解きレトリック 8 (花とゆめCOMICS)

嘘解きレトリック 8 (花とゆめCOMICS)

 

ウソにはつく人の願望がある 
あなたがウソをついたのは鈴乃さんの幸せを願えないからだけじゃなくて
それでも願いたいからじゃないですか?

 

gravityWall

gravityWall

日に当たらせるほど焦げた正義 キリない損得外せば 手に取れた声

sh0ut

sh0ut

bring it on down rock rock rock   Shake it up up tap top top cuz I know how to shout out my soul 

 

運命のCoda

運命のCoda

 五線譜に刻まれている  あの運命の Coda は キミとしか、歌えないから

 

BL(U)CK BASIS

BL(U)CK BASIS

絶対的根拠  そんなモノがあるとするなら 本当は、迷わず、震えてなんか いやしないだろうね

 

鳥肌が

鳥肌が

 

でも、でも、でもと考える。どう考えてもおそろしい。
だって本当にそんなことになったら、おかしな云い方かもしれないが、
〈私〉はお母さんのお腹から出てこなかったのとおんなじになってしまわないだろうか。
そのおそろしさとは、愛することで殺す、というか、より正確には、
生まれなかったことにする、という母性愛の特異性に根ざしているのだろう。

良いことだろうが悪いことだろうが、
他人という存在の扉を叩く行為は本質的には常におそろしい。
何故なら、他人とは、自分とは異なる命の塊だから。そこには眩しいほどの未知性が詰まっている。

迷い箸している君の目の前で身じろぎせずに待ってるわたし 鈴木美紀子

 

世界のねこみち

世界のねこみち

 

古本屋の看板猫、オスのジュニパーは今日もカウンターでお昼寝中だ。
書店のご主人が彼好みの高さの枕ならぬ本を2,3冊重ねると、そこに身体を預け眠る。
シャッターを押しながら、寡黙なご主人があたたかく迎えてくれていたことに気づき、笑みがこぼれる。
枕の一冊は、僕の写真が特集された「ナショナルジオグラフィック」誌だった。

 

きまぐれ博物誌 (1971年)

きまぐれ博物誌 (1971年)

 

今年もまたごいっしょに九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。
これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。速度は秒速二十九・七キロメートル。
マッハ九十三。安全です。他の乗客たちがごたごたをおこさないよう祈りましょう。

「幸福の見本はどこにもない。あるのは不幸だとの暗示だけです」
「われわれはみな暗示にかかりやすくなっているんでしょうかね」
持っている知識の多さにくらべ、自信はあまりにも少ないのだ。

現代は情報の氾濫時代だそうだが、われわれはいっこうにアップアップという気分にならない。
情報は大量なのだろうが、処理され規格化されているからである。
規格化の情報が、規格化された思考回路を通り抜けて行くだけ。 
与えられつづけている情報で滑りがよくなるのは、繁栄思考の回路ばかり。

これから重要なのは情報ではなく、新しい思考回路の提供といえる。

どれもこれも情報の流れ方によどみがあるために成立している。ドラマ作成の秘訣である。

未来についても、また同様。なんとなく幸福がありそうな錯覚をいだく。
私たちの空想する未来には、いやなやつ、虫の好かぬやつは、いないのだ。
本当は、そんなのがいなくなることなど決してないのに。

人間の成長とは、絶対という緊張感と顔なじみになってゆくことのようだ。

現実には決して起こりえないからSFなのであり、
だれもが心の底で望んでいるからSFなのである。

インドの詩人タゴールの言葉に「すべての赤ん坊は、神がなお人間に絶望していないというメッセージをたずさえてうまれてくる」というのがある。
まったく、幼児のあどけなさをよくあらわした文句である。