2017年6月8日〜6月15日

読んだ本メモ

 

時間とは何か

時間とは何か

 

「本書では、多くの時間を隠し持つ自然を相手にして、科学者がそれぞれに秘められた時間をどのように明らかにしてきたかをたどってみました。
石ころにも細胞にも宇宙にも時間が詰まっているのです。
科学の歩みは、物質の中に刻み込まれた時間を読み解く歴史でもあったと言えるでしょう。
私たちは多様な時間の組み合わせの中で生きていることを感じ取っていただければ幸いです。」

 

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 「ここに くるまで いろんな ばしょで 
 いろんな ものを みてきたのかもしれない。
 このあと りんごは どうなるんだろう。
 なかまを よんで みんなで ふるさとに かえるのかもしれない

 個人的なテーマソングはエスロジの「りんごのねごと」

りんごのねごと〜Ring on one, go to…

りんごのねごと〜Ring on one, go to…

  • 天乙准花
  • サウンドトラック
  • ¥250

空へ浮かんだりんごは何を思うんだろう 
天使につまみ食いされませんように、だったりして?

 

ダーリンは70歳 (コミックス単行本)
 

 

存在感のある人:アーサー・ミラー短篇小説集

存在感のある人:アーサー・ミラー短篇小説集

 

「あの男のことを遠くから見て笑うことはできる」とハロルドはヒットラーについて語った。
「でも、近づくと、こう感じるんだ。気に入ってもらえてよかったって」 

 

快楽主義の哲学 (文春文庫)

快楽主義の哲学 (文春文庫)

 

死んでしまえば、もう絶対に相手を裏切ることはできない。
 死は最高の保証であり、献身であります。」(第4章 性的快楽の研究より)

文中にデカダンスという単語が出てきて、
デカダンスとのファーストインプレッションはサンホラだったと思い出す。

エルの肖像

エルの肖像

退廃(デカダンス)へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語(ロマンス)
痛みを抱く為に生まれてくる 哀しみ
第四の地平線――その楽園の名は『ELYSION

──そして…幾度目かの楽園の扉が開かれる……