映画 「レクイエム・フォー・ドリーム」 【感想】

レクイエム・フォー・ドリームという、2000年公開の米映画を見たんよ。
 原作はヒューバート・セルビー・ジュニアによる小説で、「夢へのレクイエム」
 監督は「ブラック・スワン」の方が有名なのかな、ダーレン・アロノフスキー」 

「実写映画観るなんて久しぶりでは」
「たぶん前に見たのが、吉田大八監督「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」だから3年ぶりくらい。
 アニメ映画でも「ゼーガペインADP」が最後だから、うわ!ほぼ1年振りだ!」
「2009年に英エンパイア誌が発表した「落ち込む映画」ランキングでは第1位らしいけど」
そこまで鬱々とはしてない印象。
 結果だけ見れば登場人物4人、全員悲惨な結末を向かえるし、終盤は怒涛の奈落地獄なんだけど。
 クリント・マンセルによる弦楽器主体の音楽が、芸術まで昇華してくれるので重苦しさはない。
 監督が音声解説で『この映画を一言で表すなら、クライマックスに向かって進む100分の音楽だ』って言ってたけど、まさにその通り」
『レクイエム・フォー・ドリーム』より「ルクス・エテルナ (冬)」

『レクイエム・フォー・ドリーム』より「ルクス・エテルナ (冬)」

  • The London Ensemble
  • サウンドトラック
  • ¥150

「上映時間が100分と短いのも、個人的に合ってたり。
「早いカットと展開で話が進み、退屈する時間が1秒たりともなかったもん。
 アニメから始まった監督らしいから、画面上の構図が把握しやすいのも助かった。
 主観であることを表現するため、人物を中央に配置している画面が多いんだけど、これはアニメにも通ずる演出よね」

 
「見どころは2つ。
 1:30からの、4人全員が地獄に沈んでいく「冬」は当然として
 もう1つ上げるなら0:44付近からの、母親(サラ)と息子(ハリー)の会話シーンかな。
 ダイエット・ピルによる無意識のドラッグ中毒に息子が気付き、咎められた時の反応」

赤いドレスに金の靴でテレビに出るのよ
出たら何かあるの?その前に薬で死んじゃうよ
何かですって?タクシー降りたとき見た?
 私が日光浴の特等席よ 今では私が特別なの 皆に好かれてる
 もうすぐ何百万の人が――私を見て好きになる お前やパパのことを話すの
 
 朝起きるのはテレビのため テレビのためにやせて赤いドレスを着るの
 だから笑顔でいられる 輝かしい明日がくるのよ
 
「孤独に苛まれ、涙をこぼしながら笑う老いた母。
 家に誰もおらず、ずっと一人。ゆえにテレビ中毒なるのも致し方なく」
 
「直後に交わされた、『友達がいるだろ』『それとは別 結局は他人だし
 という会話が、彼女にとって最悪の結末を決定づけたものだと思うよ。
 主要登場人物の、ハリー・マリオン・タイロン・サラ。
 この4人の内、サラにだけは、ラストシーンに、自分のことを思って泣いてくれる友達がいた。

(一緒に日光浴をしていたアパート仲間の2人)
「でも彼女は、友達ではなく、息子の愛とそれを知らしめるTVだけを必要とした。
 助けてもらえる場所はあったはずなのに、彼女が不必要だと思ったら、それは無いのと同じ。
 だからこそ余計に、もう死しか救えないであろう彼女の姿が哀しい」

「音声解説で、タイロンだけが希望の光だと言われていたが、それを象徴するのがこのカット」

名も知らないであろう囚人の手を握っており、それは振り払われていない。
 支えを赤の他人に求められる自分。その支えを受け入れてくれる赤の他人。
 そういうものに触れられる可能性が、タイロンにだけはある」
 
「マリオンは……無理だろうな」
「序盤、不法侵入した屋上の警報を、わざと鳴らした時点でこうなることは見えてた。
「あ、この人駄目だわ」ってなってたから、ショックも少ない。
 平穏な時ですら、快楽のためにスリルを選ぶ。
 そんなタイプがドラッグで追い詰められて、良い方向に向かえるわけがない」
「家族はいるらしいから、更生施設にでも入れられてもらえれば多少は希望が見えるかも?」

「……無理だろうなぁ……。ドラッグを抱き、笑みを浮かべる時点で」
「隣に散乱しているのは、自身の夢であった服飾デザインの切れ端。
 マリオンのラストが、一番レクイエム・フォー・ドリームという感じがするな」
 
「ハリーの今後については解説の通りだと私も思うよ。
 『生きて、もっと苦しんでいく』
 母親の薬漬けに気付いた帰り道に、ドラッグをやった時点で
「おまっ、マジかよ!?」ってなるし

 ハッピーエンドの可能性が、完全に潰えたことを悟る瞬間。
 母親と恋人と右腕とドラッグを失った現実に、耐えるだけのメンタルがあるわけない」 
 
「特典である監督・演出家の音声解説とプロダクションノートで、繰り返し語られているのが
これはドラッグ映画ではない』という事。
 だからこの映画の感想に「麻薬、ダメ、ゼッタイ」なんて言うのは相応しくないと思う」
 
『この映画は現実から逃避する人間の姿を描いている
 現実を生きず夢想にふけってばかりいると 心に大きな穴があいてしまう
 その穴を埋めるために 人は何かに依存する
 コーヒーやタバコ テレビや麻薬など何でもありだね
 穴を埋めるために始めたことで さらに穴を広げ――
 最後には自分自身がその穴に飲まれてしまう』 (音声解説より)
 
「正論で、きつい言葉だね。
 ”中毒”の症状はすっごい怖くて、でも生きている以上無関係ではいられないのに。
 だって、今、この映画を観て、夢想にふける私たちは、現実逃避してないと言える?
 言えないよね」
「読書も映画鑑賞も『心の穴を埋めるため』に行うなら、中毒状態になりえる。
 ただ体に害がないだけ。少しばかり、教養とされているだけ。
 私も、本質的には4人と一緒で、ああなる可能性が普通にある。
 いや、もしかしたら私も穴に飲まれかけているのかもしれない。そこが怖い。」
 
「ちなみに一番萌えたのは、ショーン・ガレットによるニヤケ顔

 すっっっごい、下品にいやらしくない!?最高だわ」
 
 

個人的な2017年夏アニソンランキング&感想 【16曲】

2017年夏クールアニソンもほぼ出揃ったので、買った16曲についてランキング」
今期は豊作だった!
 やなぎなぎとか志倉千代丸とかamazarashiとか、元々好きな制作陣に加えて
 新しいアーティストを発掘出来たところが大きいかな。何気にEDに良曲多数」

 

< OP >
 
 時間の支配者 / Fo'x Tails『RULER GAME
 刀剣乱舞 / 斉藤壮馬ヒカリ断つ雨』 
 Re:CREATORS  / SawanoHiroyuki[nZk]: Tielle & Gemie『shOut
 地獄少女 宵伽 / ミオヤマザキノイズ
 僕のヒーローアカデミア 2期 / amazarashi『空に歌えば
 プリンセス・プリンシパル / Void_Chordsfeat.MARU『The Other Side of the Wall
 
< ED > 
 
 刀剣乱舞 / kalafina『百火繚乱』 
 サクラダリセット牧野由依Colors of Happiness
 将国のアルタイル/ Flower『太陽の哀悼歌
 
「また何かいい曲を見つけたら、もしくはおすすめされたら追記します。
 ではでは、以下単曲感想&ランキング発表」
 

2017年9月16日〜9月30日

読んだ本とか買ったゲームとかプレイしたフリーゲームとか。
はっ?えっもう9月後半?早ない?早ない?
少女革命ウテナのBD-BOXが11月に発売するそうで。
たぶん買うだろうなあ、特典どこにしよう。
久々に、たぶん1年半振りぐらいに映画を観た。「レクイエム・フォー・ドリーム
めちゃくちゃ良かった。すっごい良かった。監督の音声解説まで含めて感想を書いておきたい。※書いた。

 

灰鷹のサイケデリカ - PS Vita

灰鷹のサイケデリカ - PS Vita

 

 

アニーのアトリエ ~セラ島の錬金術士~(通常版)

アニーのアトリエ ~セラ島の錬金術士~(通常版)

 

 

もしもし、運命の人ですか。 (角川文庫)

もしもし、運命の人ですか。 (角川文庫)

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

つまみぐい文学食堂

つまみぐい文学食堂

 

 

挿画担当の吉野朔実という方、絵柄が気に入って検索してみたら逝去なされてたそうで……。
ユーモラスでちょっと毒気の入った、素敵なイラスト達ばかり。

 

遠くの街に犬の吠える (単行本)

遠くの街に犬の吠える (単行本)

 

世に「偶然」と称するものは多々あります。
しかし、ぼくとしては、あのときのあの出会いだけに「偶然」を使いたい。

 

影裏 第157回芥川賞受賞

影裏 第157回芥川賞受賞

 

だが日浅の目は茫然として、はるか沖の一点に向けられている。
海の向こうから海岸線いっぱいに膨れあがった防潮堤が次第に自分のいる方へ近づいて来るのをただただ見ている。
それがコンクリートの壁などではない、巨大な海水の壁だとわかったときにも、日浅の足は動かない。
却ってその場に釘づけになる。まじろぎもせず、目ばかり大きく見開かれるのに決まっているのだ。

 

レクイエム・フォー・ドリーム [DVD]

レクイエム・フォー・ドリーム [DVD]

 

私が日光浴の特等席よ 今では私が特別なの 皆に好かれてる
 もうすぐ何百万の人が――私を見て好きになる お前やパパのことを話すの
 朝起きるのはテレビのため テレビのためにやせて赤いドレスを着るの
 だから笑顔でいられる 輝かしい明日がくるのよ 私に何がある?
 
  

 

 

エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~ PlayStation the Best

エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~ PlayStation the Best

 

 

 

乙女ゲーOPで好きな映像制作者まとめ【10作品】

 
※2017/09/15:『Collar × Malice』追加
 
「個人的に好きな乙女ゲーOPと、そのムービー制作者まとめ。
 広げたらキリがないので、プレイ済かつクレジット確認が出来たもののみだけど」
「すべてのopには、映像の時点でムービー製作者の名前を映す事を義務付けたいね。
 声優名と同じぐらい、モチベに関わる大事な要素だし」
「そこまではどうなんだ」


アリスフロムジャパン株式会社  /  松根マサト

 

 

f:id:yugurekou:20170727193352p:plain

はい、最高〜〜〜〜〜〜!!
 アリスフロムジャパンに1億点〜〜〜!!

「錯乱状態かよ」
「それに近い状態。数十回は見てるはずなのに、今でも続けて3回は見ちゃう。
 1分43秒=103秒。
 103秒で、ここまで夢を見させてくれるオープニングが存在してることが尊い
「お、おう」
「もうどこが好きなんだろうとかいうレベルじゃない、全部大好き。
 7人が7人とも、めちゃくちゃ格好よくメインを張ってる。
 プレイ前は『きゃ〜〜〜!全員格好いい〜〜!』ってはしゃげたんだけど
 フルコン後は『流石、私の旦那様方達。素敵すぎ』って安らかで幸福な気分に浸れるから」
「光の効果とか、的確で綺麗だよね」
「私の中で好きな乙女ゲーOP第1位だし、好きな乙女ゲー第1位だし、
 好きな映像制作会社第1位はアリスフロムジャパンです」

 

株式会社  ポイント・ピクチャーズ  /  細川真紀  & 村澤晴海

 

 

「前述のアリスフロムジャパンよりエフェクト盛り盛りで、
 髪が揺れれば大体ポイント・ピクチャーズ」
「3Dにも強いし、ポイント・ピクチャーズ制作のOPでハズレにあった記憶はあんまりない。
 確実にヒットを打つイチローみたいな映像会社だよね」
時々大ホームラン
「出来る限り絵を動かそうとするし、これでもか!って情報を詰め込んでくる勢いが好き
「脇役の名前紹介なんて、ぶっちゃけなくてもいいわけで。
 それでも2回に分けてちゃんとやる。それぞれの武器もラスト直前に写す。
 そういう細かい点まで作り込んでくれる所に、技術とプロのこだわりを感じる」
「そりゃあ、ファンになっちゃうでしょ!」
 

 

株式会社  ニライカナイ  /  MUGICHA

 

f:id:yugurekou:20170727184849p:plain

「MUGICHA(ニライカナイ)のOPには、極上という単語が相応しい」
「舞う花びらに、揺れる水面、溢れる光。
 そういう麗しさの表現において、他の追随を許さない。
 文字通り、別格と言っていいほどのオープニング映像を作る方だと思う。
「天界みたいな音に映像、こんな美しいものに出会わせてくれてありがとうって
 泣けてくるレベルに好き」
「本編プレイ後だと、合点がいく演出も心憎いね」
「まずAメロ『出口のない涙に震えて』で出てくる出会いのスチルにもうやられる」
「イヴがシュド達と出会った、地下都市・ネオスフィアの湖中。
 その場所こそが、まさに『出口のない涙』が溜まった場所なんだよね」
「そうそう。後は
 ロウの紹介カットが、一瞬赤に染まってアルカディアに切り替わるところや
 リンクしている指輪の光が、ティアブレイドの装甲に反射するところ。
 サビ『私を知る人は消えて』で、歌詞通りにイヴとロウの抱擁が、黒と赤に沈む場面等……
 挙げればキリがないくらい、全部のカットに意味があると思える」
「ラストの旋律は、希望を感じる優しいピアノで締めてくれる所までツボ。完璧

 

映像制作ブランド Mju:z /  えん

 

 

f:id:yugurekou:20170727185226p:plain

「この方は、ゲームのコンセプトデザインを映像でも忠実に表す印象かな」
 「サビ『サイケデリック  I'm missing… モノクロの 蝶が嘲笑う夜』場面のカットがすごく好き。
 極彩色に移り変わる万華鏡を、黒蝶が砕いて、その奥にあるのは幼少期スチルの線画。
 ああ、そういえば黒蝶のサイケデリカってそんな話だったとすぐ思い出せる」
「手を絡め合うカットがあるのも、ド定番だからこそいい。王道だね」

 

 

f:id:yugurekou:20170727184939p:plain

「これが(超個人的)乙女ゲームオープニングのお手本です!!!!
「ロゴとメニュー画面とパッケージイラスト、
 なんなら公式サイトのデザインにまで合わせたラブリーピンク&ホワイトカラー。
 ゲームのビジュアルコンセプトにひたすら忠実なその姿勢が格好いい!」
「こっ恥ずかしさが癖になる、このThe☆乙女ゲー感がたまらないです!」
「あ、でも攻略対象者紹介がCメロにあるのは珍しいね」
「何で真之介の紹介カットをCV.羽多野渉
 烏丸の紹介カットをCV.KENNの歌パートに合わせたのかわかんないし、
 ラスト10秒で怒涛のネタバレをかますけどもオッケー、オッケー!全然オッケー!」
「なぜなら、それが」
「「Glass Heart Princess だから!」」

 


「カラマリOPもまた、コンセプトに忠実」
「閉鎖された新宿で起こる、連続猟奇殺人テロを解明をしていく刑事もの。
 クールでソリッドな、大人びた雰囲気がよく出てるよね」
「一瞬だけ表示される英字を読み解くのも楽しい。
「the clear ideal and inform justice ―――all lead to Resuscitation
 明確な理想と正義を伝えること――全ては再生へと繋がる、のとことか好きだな」
「タイトル:Collar×Malice は、直訳すれば首輪×悪意。
 主人公側視点から見れば、主人公に取り付けられた毒薬入りの首輪のことだけども、
 collarには首をつかまえることから、逮捕するという意味もある。
 『逮捕×悪意』と訳すると、意味合いもまた変わってくるのが面白い」
「誤認逮捕や、不祥事のもみ消し……警察の腐敗を糾弾する黒幕側の思想とも重なる。
 二重の意味を持たせたタイトルだと、1分30秒の猫反転カットで気づくっていうね」
「EDや、途中で挿入される演出ムービーも格好良かった」

 

 

時風聖夜 (時の宿)

 

f:id:yugurekou:20170727192128p:plain

「でた〜〜〜!超A級のオープニング詐欺ゲー〜〜〜〜!
 このゴシック・ロマンな雰囲気とは全ッ然別物、全年齢対象ほのぼのゲーですから!」
「言い方悪ッ」
「だってサビのアルジェンとディスが泣いてるスチル、本編で5秒も映ったかどうか怪しいし、
 戦闘立ち絵もモブ相手に対して一瞬使われただけだし!詐欺だよ、詐欺!」
「文句多いな……嫌いなの、クレプシドラ」
いや、本編の優しいみんなの事、大好き。
 ただ映像が打ち出したコンセプトと、実際の内容の魅力は別方向のもので、
 どちらかを好きになればなるほど、どちらかの彼らを違うと感じてしまう。そこが、歯がゆい」
「オープニングの出来がすごい良いだけにね」
「ホント、それ。っていうか、この映像はクレプシドラのOPとして見るんじゃなくて、
 「クレプシドラ・ゼロ」のイメージPVとして見るのが正しいんじゃないかな。
 在り得たかもしれない前日譚の、イメージPV的な」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【以下、お気に入りOPとまではいかないけど、クレジット確認済のもの】

 

津野沙織

 

f:id:yugurekou:20170729193448p:plain


 

HISASHI WORKS  /  中山尚司  

 

f:id:yugurekou:20170729180611p:plain

 

 

株式会社キックファクトリー  ( KIC-factory Co.,Ltd )

 

 

 

 

2017年9月1日〜9月15日

読んだ本とか買った音源とか。
もうそろそろ夏アニソンの感想を一気に書きたいところ。
物語が何の救いになるのだろう、辛い労働を癒やすだけのものがあるのか、そんな事ばかり考えて、ばんばん金を本につぎ込んでしまう。 

 

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

プレイ時間13時間でトロコン。
音楽:MANYOとかムービー制作:えん(Mju:Z)に惹かれたし、キャラも良かった。
未読スキップを一回も使わなかったので、面白かったんだと思う。
UIとかのビジュアルデザインもセンスいい。

 

マリーのアトリエプラス ザールブルグの錬金術士

マリーのアトリエプラス ザールブルグの錬金術士

 

アーカイブス版:20時間弱で7つのEDをコンプ。
初代なので調合品の効果・特性がなく、簡単で楽しかった。
これでアトリエは、エスカ&ロジー→アーシャ→シャリー→ソフィー→トトリと6作品をクリア済。
次はマリーをやる予定。

 

山尾悠子作品集成

山尾悠子作品集成

 

 

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC 週刊少年マガジン)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC 週刊少年マガジン)

 

J先生の昔の作品で猫が出てくると、とても怖い感じでした。
が、ある日某作品での猫がとても可愛く描かれていて、なおかつ猫の特徴がよく掴めていたので、
「あ!こりゃ猫を飼いだしたな」と猫派の担当に気づかれ、猫漫画を描くハメになりましたね。 

 

ねこねこ55  ねこねこ55
ひげひげ55 ミケミケ55! ぶーちーとーらー55!

テレビの前にネコろんで メザシかみかみ ニャがめれば
キャットいう間の10分間 ねこねこねこねこ55!

 

キング&クイーン

キング&クイーン

誰よりも高く飛ぶんだ 精一杯その手伸ばして 憧れたその未来に もうすぐ届くはずだから
強さとは己自身を 何度でも信じられること

 

Montage

Montage

強さだけ信じないで 弱さだと憎まないで 君はモンタージュ モンタージュ 

 

空に歌えば

空に歌えば

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250

あの日なにか叫んでた君の声 言いたかった事 言えなかった事
空に歌えば 後悔も連れ立って
必然 必然 終わらすには失くしすぎた それ故、足掻け
有限 有限 残り僅かな未来だ それ故、足掻け

Dr.STONE 2 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 2 (ジャンプコミックス)

 

 

化学部のメガネ (EDGE COMIX)

化学部のメガネ (EDGE COMIX)

 

 

文芸 2017年 08 月号 [雑誌]

文芸 2017年 08 月号 [雑誌]

 

「社会」から離脱し、「私」の中に〈社会〉をつくること。
それが「文学」である、という確信を伝えたい。

 

雑音 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

雑音 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

 

フフ… うれしそう うれしそう
わかってるぞ お前 初めからこうなりたかったんだな

 

HAKOBUNE 2 (芳文社コミックス)

HAKOBUNE 2 (芳文社コミックス)

  • 作者: 麻生海,犬神スケキヨ,上村五十鈴,風町ふく,琥狗ハヤテ,栗田こなち,郷本,小松万記,白野ほなみ,猫野まりこ,トクヲツム,丸顔めめ,梅眉よつを,八ツ目青児
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2017/05/29
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

あの日 座ってたのが メイクもスカートもないアオイだったとしても きっと私は声かけたよ

 

羊と鋼の森

羊と鋼の森

 

羊のハンマーが鋼の弦を叩く。それが音楽になる。

何かに縋って、それを杖にして立ち上がること。世界を秩序立ててくれるもの。
それがあるから生きられる、それがないと生きられない、というようなもの。

それでもこの仕事に希望があるのは、これからのための仕事だからだ。
僕たち調律師が依頼されるときはいつも、ピアノはこれから弾かれようとしている。
どんなにひどい状況でも、これからまた弾かれようとしているのだ。

「ピアノで食べていこうなんて思ってない」
和音は言った。
「ピアノを食べて生きていくんだよ」

 

ナショナル・ストーリー・プロジェクト

ナショナル・ストーリー・プロジェクト

 

私たちは完璧であったことはないが、私たちは現実なのだ。

私たちにはみな内なる人生がある。我々はみな、自分を世界の一部と感じつつ、世界から追放されていると感じてもいる。一人ひとりがみな、己の生の炎をたぎらせている。
そして自分のなかにあるものを伝えるには言葉が要る。
何度も何度も、私は投稿者から礼を言われた。物語を語るチャンスを与えてくれてありがとう、と。

「庶民」たちはしばしば驚くべき物語を語った。何よりもまず、私たちの大半が、どれほど深く、情熱的に内なる生を生きているかを私は思い知らされた。
我々の抱く愛情はこの上なく激しく、我々の情愛は我々を圧倒し、規定し、我々と他人を区切る境界を消し去る。

イメージは明確で、濃密にもかかわらずなぜか軽々としている。
一つひとつの物語がポケットに入るくらい小さいのだ。
ちょうど私たちが持ち歩く、家族のスナップ写真のように。

子牛はゆっくりと顔を私たちの方に向けた。
一面に血が飛び散った白い顔は、これから何が起ころうとしているのか知っているように見えた。

でもいったいどこから来たのか、これら気前よき贈り物は?
それは弟のモリスの仕業だった。
何か月ものあいだ、なくなっても騒がれそうにない品をモリスはこつこつ隠していたのだ。
そしてクリスマスイブに、みんなが寝てからプレゼントをこっそり包んで、ツリーの下に置いたのである。
この年のクリスマスを、我が家の最良のクリスマスのひとつとして私は記憶している。

人生が時として凡庸で、同じことのくり返しで、しばしば残酷でもあるこの世界にあって、私の胸は驚異の念に包まれている。

私はぞっとした。何とひどいことをしてしまったのだろう。
不当に差別されることの痛みは私も知っている――階級をかさに不当な扱いを受ける痛み、信頼の念が冷酷に踏みにじられるのを目のあたりにするつらさ。
どうしてあんなあやまちを犯してしまったのか。

あれから五十年が過ぎたいま、どちらの万年筆も手元に残っていない。
だが、あの男を見つけることができたらと私は思う。
見つけて、謝ることができたら、と。

私たちはみんなまだあそこにいるのだ。
水に浮かび、前後に揺れ、物事がいい方に転じるのを待って、時が流れるに任せながら。

夏休みのあいだにみぞおちの重い塊はますます大きく、固くなっていき、二度とほぐれなくなった。

こんな経験と、人はどう折り合いをつけていくのだろう。何の教訓もなければ、きちんとした結末さえない。誰かに語りたいし、誰かの口から語られるのを聞きたい。
でもどうしてなのかは自分でも分からないのだ。

ただひたすら心安らかになりたい。他のことはどうでもよかった。
パンも、金も、仕事も、知識も、これまでの人生も、自由も――すべてが風に舞う土埃のように、無価値で無意味なものに思えた。

唯一価値があるのものはこの肉体と命だけだったが、それもじきに消え去る運命だ

「親和数って聞いたことある?完全数みたいなものだけど、自分の約数の合計じゃなくて、相手の約数の合計なんだ。中世の人たちは切り分けた果物に親和数を刻んだんだ。最初のひと切れを食べて、もうひと切れを恋人に食べさせる。数学的媚薬さ」
「親和数だよ」と彼は言った。
「コンピュータのプログラムを作って、十二時間計算させたんだ。見つかった最大のやつがそれで、二重編みして入れた。鍋つかみなんだよ。」

その時まで私は、「知らなかった」づくしの悲しいびくびくした一年を過ごしていた。
悲しみが消えはしなかったが、心の奥の深いところで私はまだ笑うことができる。
笑うと力が湧いてきた。だって、たったいま町中を停電させたじゃないの!

でも、もしかしたらと私は思う。遠い昔、果てしなく長く感じられたあのクリスマスの日々に、私は自分と同じ生きた人間を、実家の奥の薄暗い小部屋で一生を送った一人の人間を、無視することがあまりに巧くなりすぎてしまったのではないだろうか。

エラ・ローズ、友とならずに終わったあの少女。

私は再び泣きじゃくり、助けてくださいと神に祈った。
どうかこの出来事を理解できるよう、受け入れられるよう助けてください、
私の声があなたに届いていて、あなたが確かにそこにいて、
いつか何もかも大丈夫なるというしるしを見せてください、と。

誰にも、何にも引きずり下ろされている気がしなかった。
すべてが完璧で、整然と並び、手の届くものに思えた。

私は大丈夫なんだと感じていた。初めて味わう、最高の気持ちだった。
それはほかの誰にも、何にもつながっていない、誰にも奪われようのないものだった。 
それは私のもの。決して干上がってしまうことのない場所からそれは来ている。

あなたは気づく。深い孤独、否定しえないつながり、その両方に。
あなたの静脈を、あなたの前にマティーニを飲んだすべて人々の生き血が流れてゆく。
彼らとともに、あなたは生まれ、生き、歳をとり、死ぬ。あなたは家族や友や愛を――人生を耐えうるものに、あるいは耐えがたいものにするすべてを――勝ちとり、失う。
上等のマティーニは、あなたの人生においてくだされたあらゆる決断の頂点である。
まばゆい啓示が訪れるときとは、いまここで新しく革命的と思えるものが、実はあなたのなかに前からずっとありつづけ、眠るように横たわって完璧なマティーニを待っていたのだと発見する、その瞬間にほかならない。

毎晩泣きながら眠っていたけれど、それはこの上なく甘く、幸福な時間だった。
私はそれぞれの瞬間瞬間を気ままに蒸留し、飲みほした。
日々、誰にも邪魔されない自分一人の時間を自分が欲していることをあらためて感じた。


翻訳:柴田元幸 / 岸本佐知子 / 畔柳和代 / 前山佳朱彦 / 山崎暁子

 

炎と苗木 田中慎弥の掌劇場

炎と苗木 田中慎弥の掌劇場

 

自分がまだ生きていた頃のことを思い出す。
足は大地を不安げに踏んでいた。歩く道はどこにもないのに、つまずいてばかりだった。
他人を蹴ることは出来るのに、自分を蹴ろうとしても届かなかった。
そのくせ、苦労や悲しみや責任は、きちんと跨いで通った。くるぶしは目を閉じて私を嘲った。

空腹は絶対だった。勿論私は、空腹と闘ってではなく、私自身と闘って歩き続けた。
私は私と闘うことで私として前へ進むことが出来た。
歩くのをやめてしまえれば楽なのにと、当り前のことを考えた。
だが、もともと願望や義務の切実さとは無縁の旅程なのだ、やめるという選択そのものがあり得ないじゃないかと笑いが起きた。

どうして生きている間に、私の苦悩に気づいてやれなかったのだろう。気づいたからといって完全に取り除いてやることは出来なかったかもしれないが、私が苦悩しているのだと私が気づくことには、きっと意味があった筈だ。
ああ俺は苦しいんだなあ、と思えれば、死を選ぶこともなかったのではないか。
苦悩を直視出来ないことが、死を呼び寄せたのではなかろうか。
こんなことは、生き残った私の甘い感傷に過ぎないだろうか。

しかしこう呼びかけることだけは許してもらえないだろうか、このバカな作家だって本当に本当に、命を絶とうとしたことがあるのだと。何度も何度も、あと少しのところまで行ったのだと。

でも、いまこの文章を書いている時だけは確かに生きているんだ。死んで書ける文章ではないんだ。あなたがいまこれを読んでいるようにね。読んでくれてありがとう。
礼を言うのも自分のためでしかない。だからどうか、あなたも、あなたのために。

 

フランダースの帽子

フランダースの帽子

 

作品を買ってもらうことが、めったにない幸運だとは思いもしない。
うぬぼれはなく、ただ子どもだった。そんな、遠い昔のできごとだ。

 

Maybe the next waltz

Maybe the next waltz

踊りながらすれ違えばいい そして重なり合った人生を楽しんで 

 

LAYon-theLINE

LAYon-theLINE

安寧なんてナンセンス、混沌こそが自由 自分さえ貫くナイフ (All or Nothing)
正気という皮を剥いで(Living or Dying) 魂の色を見せてくれ (Pareasure or Pain)

 

たいようの哀悼歌

たいようの哀悼歌

  • Flower
  • J-Pop
  • ¥250

この世で 一番 激しい 風が吹く
砂漠の町を行き交う人々が歌ってる歌は 叫びにも似て
思い出してはいけないあの哀悼歌 思い出してる

 

百火撩乱

百火撩乱

夢を見て僕らは泣いた 涙を持たぬ筈の鋼の心で 

 

2017年8月16日〜8月31日

8月後半に読んだ本とかやったゲームとか買った漫画とか。
アーカイブスでマリーのアトリエPlusを再DLしてみたけど、楽しすぎて狼狽えるレベルに楽しい。
BAROQUEも楽しいんだけど!やっぱりアトリエは面白い!!
あとオカルティック・ナインのパッケージ版が発売したそうで。
OP&EDシングルが11月発売な時点で、見えていた延期だけど嬉しい。

 

博士の本棚

博士の本棚

 

カーヴァーの小説は、人生において最も大事な救いは、いつも偶然によって巡ってくることを暗示している。
人生がいかにささやかな物事によって支えられているかを、実感させてくれる。

科学が解明しようとする世界は、時にどんな物語よりも神秘的であり、そこに人間が関わっている以上、
必ず数値に表せない豊かな心の働きがのぞいて見えてくる。
獲得した科学技術も、それを操る人間の品性によって、いかようにも姿を変えてしまう。
手塚漫画を読む楽しみは、科学と物語の親しさに身を浸す喜びでもある。

ほとんど無意識のうちに、人は自分だけのフィクションを作り上げ、そこに心を漂わせることで、現実を乗り越えようとしている。
人の心にはいつでも物語があふれている。現実と死を、優しく結びつけている。

人間の内面は元々混沌としたものだ。いくら理性を働かせようとも、本当に知りたいことは闇に沈んで見えない。
見えないものを感じ取るための1つの方法が、物語に身を置くことだ。
物語ならば、辻褄が合わなくても許される。

物語の研究に一番必要なものを、ファインマンは想像力だと言う。
物理の問題を解く道筋は、仮定に次ぐ仮定であり、「例えば、こうなるとどうなる?」と自問し続けなければならない。
まずその姿を想像しなければ、原子のふるまいを解明することもできないのだ。
生き生きとした想像力さえ持っていれば、大学や学会といった狭苦しい視野から解放され、この世界の美しい神秘を純粋にとらえることができる。

土の中で腐って、宇宙の元素に還ってゆくのが、死ぬということなんだと気づかせてくれた一行だった。

知らないでいる、などという難しいことを、お前は平気でやってのける。
誰に教わったわけでもないだろうに、知らないでいることの静けさをちゃんと知っている。本当に賢いなあ。

しかしよく考えてみれば、ささいな一言でこちらがどんな感情に陥っているか、相手はたいして気にしていないに違いない。
それほど言葉とは、便利で無防備で危険な道具だ。
自分だって無意識のうちに、誰かを傷つけているはずなのだ。
言葉がぐさっと胸に刺さった時は、かつて私の口から吐き出された言葉によって傷ついた誰かに向かい、心の中で謝ることにする。

毎日毎日、飽きもせず三度ご飯を食べるという繰り返しの中にこそ、生命の源は宿っている。

それを書かなかった決意の裏にこそ、人間の哀しみがあると思うからだ。

神経にこびりついた現実を払い落とし、伸びやかに呼吸するためには、言葉の世界に身体を浸す必要があった。

 

星を賣る店

星を賣る店

 

 当商會の商品目録でもあり、はたまたベストアルバムのようなものであります。

 

痕跡本のすすめ

痕跡本のすすめ

 

某ジュニアアイドルの写真集。
力まかせに引き破られた写真の中で、痛々しくほほえむ笑顔。
ただ読むだけでなく、心の衝動をそのままぶつけたようなこの痕跡は、
「陵辱」という名の本の読み方。

  

ぜんまい屋の葉書

ぜんまい屋の葉書

 

空豆の黒いところ(おはぐろと言うそうです)に魅せられています。
できることなら、そこだけ集めて花束にしてみたい。

ただ「過ごす」ことのできる動物は、なんてすごいんだろう。
風に吹かれていると、気持ちがふくらむような気がします。
ただ生きているだけの自分の輪郭線を確かめます。

 

最高すぎて泣けてくるレベルだ、ムービー制作会社どこ?ポイントピクチャーズ?

 

 

たった1つの想い

たった1つの想い

 

 たった1つの想い貫く  難しさの中で僕は

 

切れた鎖

切れた鎖

 

C駅で載ってT駅で降りて会社へ行き、帰りはS駅から乗ってまたT駅で降りていつものように商店街を通って団地に着き、翌朝はまたいつもの時間にいつものF駅へ行きH駅で降り、仕事が終るとまたいつものようにK駅で乗ってN駅で降り、巡査に声をかけられ、猿と狸のいる産婦人科の前を過ぎて会社へ帰り、妻の腹の表面を丁寧に磨いた。 

 

 

いつか手にするモノたち【購入予定表】

いつか読みたいもの達の備忘録。
欲しいものなど手に入れたらただのガラクタになり 忘れられてゴミと化す
(天野月子『箱庭〜ミニチュアガーデン〜』より)  だとしても。

< 本 >

双子は驢馬に跨がって

双子は驢馬に跨がって

 
緋の城

緋の城

 
宮殿泥棒 (文春文庫)

宮殿泥棒 (文春文庫)

 
夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇

夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇

 
偶然の音楽 (新潮文庫)

偶然の音楽 (新潮文庫)

 
短篇集

短篇集

 
じつは、わたくしこういうものです (文春文庫)

じつは、わたくしこういうものです (文春文庫)

 

 

< ゲーム > 

灰鷹のサイケデリカ - PS Vita

灰鷹のサイケデリカ - PS Vita

 

 

<CD>

 

One's Rock

One's Rock

 
Play the game (OCCULTIC;NINE盤)

Play the game (OCCULTIC;NINE盤)